<< ここ最近の釣りについて | main | 久しぶりに・・・・ >>
2015.11.27 Friday

今季高松アジングのまとめ

0
    はいはい!皆様こんにちわ┐(´∀`)┌

    シャンでございます。


     
    今回は今季の高松でのアジングの「まとめ」と題しまして、自分自身の「備忘録」も兼ねて書いてみたいと思います。


     
    高松のアジングも今年はもう終わる直前でございます。

     
    11月中頃から太刀魚が大量に入り始めてからは如実に今のポイントではアジの数も減り始めました・・・・・。


     
    その分西讃方面でアジが釣れ始め、その後どんどん西(愛媛方面)に抜けていく・・・・というのがシャンの考えてるアジの回遊ルートになるとおもいます。


    今年最初のアジを私が釣り上げたのは、8月末頃。
    (ちなみに「さくぱぱさん」が最初にアジを釣り上げたのは7月末頃)



    iPhoneImage.png
    iPhoneImage.png
    (写真はさくぱぱさんの釣り上げた今季最初のアジ)



    その時の体長は約10センチ程というサイズからのスタートとなりました。



    この頃はアジの数も少なく「アタリも殆ど出ない」という中での釣りで悪戦苦闘した記憶があります。



    まぁ、10センチのアジならサビキ釣りで釣り上げたら早いのが当たり前なんですけどね…(; ̄ェ ̄)。

     


    その後なんとか「アジングで釣れるサイズ」になってからはフックサイズに苦労しました・・・・・。


     
    まず市販のJHリグでは口に掛かる事が「まず無い」のでできる限りフックサイズを小さくすることから考えます。
    使用したフックは・・・・・


     
    FullSizeRender (3)_640.jpg
     
    「ヤリエ アジメバアーミーフック #14」

     
    これにアシストフックを付けるのですが、アシストフックは「がまかつ 鬼爪 サイズS」というとてつもなく「小さなアシストフック」を使います。


     
    それを装着してようやく・・・・・


     

     
    こんな小さなアジが釣れるんですね・・・・(´ε`;)
    (アシストに ” 引っ掛かる ” って言ったほうがいいのかしら)



     


    体長が14〜16cm程度になってきたら今度はアシストフックのサイズを「Mサイズ」まであげて対応していきます





     
    この頃になってくると今度は「アジの喰いかた」に特徴が出てきます。


     
    「コンッ」という当たり方ではなく「モゾモゾ」というアタリが多くなってきたのですんですね・・・・・


     
    僕自身の見解としては「テールバイト(ワームの尻尾を咥えてる)」がその理由だと思うのですが、他のアングラーさんたちは「掛けるアジング」に重きを置いていましたが私的には「乗せるアジング」に重きを置きました。

     

    使うロッドは「ソアレ エクスチューン S709ULS」という「メバリングロッド」を選択しました。



     
    私の考える「乗せるアジング」「張りのあるロッド」は向きません・・・・・(そりゃ弾くよね)



     
    いかにして「アジにワームやリグを違和感なく長時間咥えさせるか」というのが大事だったのです。



     
    その為には「穂先のしなやかさ」が大切であって、決して「感度を追求するロッド」でなくても良かったのです。
    (68ストレンジでも可能だったのですが、それよりも更に穂先の柔らかい物がマッチしました)



     
    「乗せるアジング」の釣り方は2種類「巻く釣り」と「巻かない釣り」を上手く使い分けます。

     

    「巻く釣り」は主に港湾部や漁港等の比較的「足場の低い所」で行いました。


     
    使用するリグはフックは先に説明した「#14番」のフックに「アシストS~Mサイズ」、ワームは「2〜2.5インチのできるだけ細いワーム」を使います。


     
    メインで使用していたワームは・・・・・・


     
    CA3I06840001.jpg
    「ジャッカル マイクロフリック 2.5インチ」
    をメインで使っていました。


     
    「巻かない釣り」はホームの釣り場の「足場の高さが5〜6メートルある所」で使います。


     
    リグは全く同じものでも良いのですがこの場合の釣りは「ドリフト中心」で釣りをすることを心がけます。
    あと、これが「1番重要」なのですが・・・・・・


     
    「即合わせ厳禁」


    という事・・・・・・
     
    意味わかりますかね・・・・?(((゜Д゜;)))



     
    「向こう合わせで釣りをする」ということです。


     
    動画編集がまだ出来て無いのですが(彼女に頼んでるんですがね(´Д`;)・・・・)巻く釣りでも巻かない釣りでも必ず「アジが針に掛かるまで我慢してリグを動かし続ける」というのが一番重要ポイントなんです。


     
    だって考えて見てください・・・・・アジ・・・・・小さいんですよ・・・・・(゚Д゚)ノ

     
    口にガッツリとワームとリグが入る訳が無いじゃないですか・・・・・(´;ω;`)。


     
    キャストしたリグを巻いたり流したりしてる「好奇心旺盛なアジ」は追いかけてきます。

     
    当然サイズが小さいわけですから、ワームの尻尾を咥えたり頭を咥え直ししてきます。

     
    尻尾を咥えてくるアジは「アシストフックに引っ掛かる」し、頭を咥え直ししてくるアジは「小さなJHフックに引っ掛かる」という
    考えで釣りをするんです。



     
    IMG_8396_640.jpg
    この方法に変えてから豆アジが「3倍釣れる」ようになりました(笑)(*´∀`*)。


     
    この釣り方はアジが20cm程度になるまで有効に使えます。

     
    20cm程度になればワームサイズも2.5インチ〜3インチでも果敢に喰ってきますからね。


     
    ただこのサイズを越え出したあたりでまた、釣り方が変化します。

     
    今度はキャロやスプリットを使った「リアクションの釣り」がメインになってきたのですね。
    (この理由としてはベイトがサビキのアミエビから「しらす」という餌に変化していた事が大きな理由だった事に後日気がつきました)



     
    ルークさんと子供さんに教えた頃も、もう「JH単体の釣り」と「スプリットリグ」の使い分けをしてましたもんね・・・・・


     
    IMG_0732_640.jpg
    IMG_0730_640.jpg
    (この時に使ってたリグはスプリットでした)


     
    この日は10月初旬。アジのサイズは20〜21cmだっとおもいます。


     
    スプリットを使う場合の釣り方としては初心者の方でもカンタンに行える方法としては「ロッドを上げ下げするだけ」という方法もあるので是非試してみて欲しいですね(^O^)。
    (条件は「払い出しの潮流れである」という条件がありますよ)


     
    私がキャロを使って釣る釣り方は「ハイピッチ2段ジャーク」か「テンション出し入れ釣法」を主に使いました。


     


    アジが沈んでいる時は「キャロ&スプリット」、アジが浮いてきたら「JH単体」という使い分けをします。
    その時の最大釣果数が・・・・・・





     
    IMG_0778_640.jpg
    この結果になったのですね(同じ10月初旬頃でしたからね)。



     
    あと今季のアジングで気がついたことを数点書くとすれば・・・・・・


     
    10月初旬から中旬にかけて潮止まり直前や流れ始め直前に「サバが喰ってくる事が多かった」という事でした。



     
    IMG_0774_640.jpg
    私自身この場所でサバを釣ることが少なかったのですが、今季は意外と釣れた事が本当に意外な事でした。



     
    あとはこの場所特有の足場の高さから来る「ライン選択の重要性」が如実に出たこと・・・・・。

     
    昨今の「ポリのライン(ジョーカーやピンキー等)」を使うアジングだけでは無く、「フロロラインの重要性」もやはり大きいな・・・・と感じる釣りになりました。


     
    もうすぐ12月になるのですが、行くとまだ「居付きのアジ・回遊のアジ」が少しだけ残ってます。

     
    このアジを狙うべきか・・・・・もしくはタチウオ・メバルに以降するべきか・・・・


     
    もう暫く悩みながらの釣行になると思いますね・・・・・(#゚Д゚)y-~~。






     
    にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
    にほんブログ村
    コメント
    この記事、高松アジンガーの参考書として要保存ですね(^-^)

    当方何かとバタバタで11月は殆ど釣りに行けませんでした(T_T)

    アジもタチウオも中途半端で…
    とてもこのままでは締めくくれません!最後にもう一匹でいいからアジ釣りたい〜
    • さくぱぱ
    • 2015.12.02 Wednesday 22:57
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    必ず、ポチッとな
    にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
    にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
    にほんブログ村
    タイドグラフ
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    ダイワ(Daiwa) クリスティア ワカサギシンカーTG R 1.5
    ダイワ(Daiwa) クリスティア ワカサギシンカーTG R 1.5 (JUGEMレビュー »)

    今期から採用のニューアイテム。

    スプリットやキャロの代わりに使うと大変便利ですよ。
    Recommend
    odz フロードライブヘッド ZH−39−F 1.0g S(6号) FC
    odz フロードライブヘッド ZH−39−F 1.0g S(6号) FC (JUGEMレビュー »)

    アジング・メバリング共に使える「ショートバイト対策用」ジグヘッド。

    ワームの種類も選ばず使えますよ。
    Recommend
    ヤリエ ジェスパ アジメバアーミーフック No.648 ♯10
    ヤリエ ジェスパ アジメバアーミーフック No.648 ♯10 (JUGEMレビュー »)

    香川のアジングにおいては、私の中では ”ダントツ1位 ” のフックです。

    自作JH派の方に是非とも使っていただきたい!!。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM