2020.05.02 Saturday

良い若者に会った

0

    久しぶりに釣りに行って、若者に会いました。

     

     

     

    彼はこの場所は初めてで、餌釣りで魚を狙ってるけどなかなか難しいと…

    (胴突き仕掛けでメバルを狙ってたみたいなんだけど・・・・)

     

     

    だから私は「ライト・ルアーフィッシングを始めてみたらどうかな?」と話させて貰いました。

     

     

     

    虫餌は手が汚れる事、ライトルアーはワームを使う事によって餌釣りとは違い「釣りに行きたい時に餌も買わずに、簡単に行くことができるよ」と…

     

     

     

    そんな彼には「アジ5匹・メバル1匹」を献上しました。

     

     

     

    彼は「自分で魚を捌いて食べる」そうです。

     

     

     

    素晴らしいよね…若くして魚の捌きを覚えて、美味しく命を頂く…。

     

    ライトルアーフィッシングは敷居が高いと思われがちだけど…「安くても良いものを選べば、長く使えて手軽に楽しめる」んですよ。

     

    そんな彼には「ロッド・リールはまずは、シマノで揃えて頂きたい」なと思います(無茶振りかもしれない・・・)。

     

    ロッドはソアレBBアジング610lsとかでも良いんだけど…調べてみたら意外と値段するのね…(ノД`)。

     

     

     

    それなら…

     

    「タカミヤ リアルメソッド アジングGR610sか70T」

     

    「ジャクソン オーシャンゲート アジ JOG-610L-K ST AJ」

     

    「メジャークラフト NEWソルパラ SPX-S702AJI 」

    「メジャークラフト NEWソルパラ SPX-T702AJI 」

     

    なんてのはどうでしょうか?。

     

    リールは・・・・・

     

    「シマノ サハラ C2000S」

    「シマノ ナスキー C200S」

    「ダイワ レブロスLT LT 2000S」

     

    この辺りが手ごろで使いやすい。

     

    ラインは・・・・

    「メーカー不問 フロロカーボンライン0・4〜0・5号」

    「ラインシステム アジングPET 0・4〜0・5号」

     

    この辺りが安くて初心者向けなのではないでしょうか・・?。

     

    彼が「ライトソルト・ゲーム」にハマる事を祈りつつ・・・・おやすみなさい・・・・。

     

     

     

     

    2020.04.10 Friday

    「カブラ」「プラグ」でメバルを釣る楽しさ

    0

       

       

      ・タックル1
       Rod: シマノ ソアレSSアジング S710LS
       Reel: ダイワ 10セルテート 2004 + ブリーデンWハンドル ショート
       Line: よつあみ オードラゴン (0.4号)
       Lure:  土佐カブラ

       

      ・タックル2
      Rod:  シマノ ソアレSS S83LーT

      Reel: ダイワ イージス2505F+ブリーデンWハンドル カーボン
      Line: ラパラ ラピズム・モノ 1.0号 6lb
      Lure:  etc



       photo: iphone

       

       

       

      お久しぶりでございます( ̄∇ ̄)。

       

      皆様お元気でしょうか?

       

       

      巷ではコロナと言う名のウイルスが流行っていて大変ですが、体には気をつけましょうね・・・・・。

       

       

      毎年恒例の「確定申告」と言う「国民の義務」も無事終わり、ようやく本来の「釣りが出来る生活」に戻りつつあります。

       

      海も少しずつ生命感も感じられるようになり、魚の活性も上がって来ました。

       

       

       

       

       

      ここ最近はメバルを追いかけて様々な釣り方を試しています。

       

       

       

      高松の「いつもの場所」のメバルは相変わらず「シビア」でジグヘッド単体だけでの釣りでは全く釣れない場面が多々あります。

       

       

       

      その場合概ね「アミと言われるプランクトン」を捕食している場合が多いと私は考えています。

       

       

       

       

       

       

      そう言った場合の釣りで以前から私が使うものが「土佐カブラ」と「プラグ」になります。

       

       

       

      プラグの優位性は皆さんもご承知の通り「レンジキープ性」と「スローな釣り」が出来る事にあります。

       

       

       

       

       

      プラグの種類によって潜行位置(メバルの居る場所を探る位置・沈む深さと言ってもいいかな?)を変えることも出来ますし、そのレンジをキープさせたまま流すことも可能であること。

       

       

       

       

      「ジグヘッド単体では出来ない釣り」を可能にするのが「プラグ」であると考えています。

      (事実プラグに反応するメバルは概ね良いサイズであることも実釣済みであります)

       

       

       

       

       

      「土佐カブラ」もブラグと同様に「ジグヘッドに反応しないメバルに効果がある」と考えています。

       

       

       

       

      あの独特な形はメバル(魚)からすると「プランクトン」なのか?「小魚」なのか?は分かりませんが、間違いなく「ジグヘッド&ワーム」に喰ってこない個体が存在しましので皆様も是非お試しくださいませ( ´Д`)y━・~~。

       

       

       

       

       

       

       

       

      2020.01.24 Friday

      雨上がりのメバリングは良き事なり(´・ω・`)

      0

         

         

        ハイハイ(^^)/!!

         

         

        オジサン来たよ〜〜〜〜って!!!

         

         

         

         

        「軽い認知症かな??」と最近思うオジサン来たよ〜〜〜〜って!!!(´Д⊂ヽ

         

         

         

         

         

        いや〜昨日雨上がりのいつもの所に行ってきました。

         

         

         

         

        2時間ほどの短時間釣行でしたが、たのしかったなぁ・・・・・・

         

         

         

         

         

        結構流れが効いてて釣りにくいかな?と思ったのですが、メバルからの反応はすこぶる良くて1投目からバイトがある状況。

         

         

         

         

         

         

        キチンと潮位と潮流れを確認して、魚の居場所を推測すれば・・・・・

         

         

         

         

         

        (この子は23センチ)

         

         

         

         

        簡単に口を使ってくれる。

         

         

         

         

         

        ただ、ショートバイトが頻繁に来るが「フッキングに持ち込めない=魚が掛からない」ってのは次の課題にはなるかな?・・・と思ってます。

         

         

         

         

         

         

         

        ワームサイズ・フックのシャンクの長さとゲイブ幅・その両方のバランスが理由だと思うのですが、ワームサイズに対してフックサイズを大きくするとワームの動きを ”妨げてしてしまう” という懸念もあるので、そのあたりを煮詰めて検証する必要があるな・・・と考えました。

        (あと、魚の口に掛かるがバレるってのは「しっかりフックが口を貫通してないな」とも思いました。

         

         

         

         

         

         

        タイミングさえ合えばプラグにも反応してくれそうな場面もあったので、次回からはプラグも使ってみたいと思います。

         

         

         

         

         

        お腹が大きくなってきてる個体も見え始めました・・・・・・

        産卵が近くなってるね・・・・・

         

         

         

         

         

         

         

        (ようやく24cmを釣り上げる事が出来ました)

         

         

         

         

         

         

        久しぶりのチーバス・・・(@_@)・・・最初のアタリはデカメバかと思ったよ・・・😢

         

         

         

         

         

         

        2020.01.21 Tuesday

        爆風での釣りは「足首が冷える」( ;∀;)

        0

          いや〜(-。-)y-゜゜゜。

           

           

          昨日逝って来ましたわ・・・・・。

           

           

           

          激寒強風下の中・・・・・・

           

           

           

          案の定だ〜れも居なくてね・・・・・・・

           

           

           

          それでもオジサンはやるんですよ・・・・・

           

           

           

           

          チーバスが釣れたり・・・・・・

           

           

           

           

           

          アジが釣れたり・・・・・・・

           

           

           

           

           

           

           

          メバ〜ルが釣れたり( ^ω^)・・・

           

           

           

           

           

          この強風の中でも魚は普通に釣れるのです。

           

           

           

           

          辛いのは「人間の方」だけで、水の中は影響なんてないんです。

           

           

           

          最終的には風速7mの爆風になり、「ラインは持ってかれるわ・ロッドは煽られるわ・アタリは取れないわ」で強制終了・・・・・😢

           

           

           

           

           

          こんな中でも魚に対してのアプローチは2gは全くアタリが無く、1.5gでしか喰って来ない・・・・

           

           

           

           

           

           

          (キャストしてもアタリが分からずワームだけがズレてかえってくるの・・・・( ;∀;)・・・)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          こんな中でも釣りすると・・・面白いよ・・・・・・(-。-)y-゜゜゜。

           

           

           

           

           

           

           

           

          凄いショートバイトの「理由」はこれ。

          活性の問題か、喰ってる餌の問題だと考えます。

           

           

           

           

          2020.01.14 Tuesday

          大潮・満月にメバルを狙う

          0


            先に結果から書いておきます。



            幸運にもメバル・カサゴ大小問わず30匹近くを釣り上げることが出来ました。



            沢山の方が釣りに来られてたのですが、最終的にには私一人が釣りを続ける状態…「釣れない・釣りにくい」状況であったのだと思います。



            潮の流れ方が複雑化する大潮だからこそ、緩む場所を的確に見つける・・・。



            緩んだ潮流れの中でリグを同調させながらゆっくりリーリングしたり、巻かずに流したり…




            少しでもメバルの居る位置からリグがレンジが下がってしまうとカサゴが喰ってくる。




            キチンとレンジを意識してやると答えてくれる…それがメバルだと思うのです。



            レンジから外れるとこんな子メバルも喰ってくる。



            「自分がメバルならどの位置でどの様に餌を捕食するのか?」


            それをとにかく考える事。



            それが一番に「魚に近づく答え」だと思うのです。





            今回の釣りで22.5センチ一匹・23センチ二匹が最大でした。



            2019.03.18 Monday

            努力と積み重ね

            0

              昨日久しぶりに行ってきました。


              2時間程の調査ですが、釣れるパターンと釣れ方は相変わらずでしたね。




              フックサイズを#10から #8に変更して試したのだけど、掛かり方にやはり差が出るのよ。



              フックサイズが大きくなるだけで、皮一枚で上がってくる物が多くなるの…これは多分「吸い込み方によるもの」か「食べてる物の大きさ」の問題でこうなってるんだろうね。




              あと、「リーダー組むのが面倒なので、フロロ0.5号に変えようと思います」と言うおはなしがあったのだけど、個人的見解としては「フロロ0.8号以上(2.5lb・3lb以上)であればリーダーは組む必要が無いかもしれないけど、それ以下の号数&ポンド数であればショートリーダーを組むべき」だと考えてます。




              0.5号・0.6号のフロロで10〜15センチのメバルを釣りまくった後のジグヘッド結び目付近を触ってみなさい…殆どが「ザラザラになってる」から…。



              その後に例えば僕の釣った26.5センチのメバル釣ってごらんなさい…高い確率で「ラインが切れる」から…。



              私は後悔するくらいなら、最初から「後悔しない努力」はするべきだと考えます。


              大きな個体を釣った後は出来る限り「リーダーの組み直し」もやりますし、チェックも欠かさずやります。


              小さな努力を積み重ねるからこそ「少しでも大きな魚を捕ることが出来る」と私は考えてます。





              2019.02.19 Tuesday

              久しぶりですわ(´Д` )

              0

                一か月以上ぶりかな…


                久しぶりに釣りしてきました。


                相変わらずの「アミパターン」は健在だけど、少しづつプラグにも反応してきている(浮いてる個体がいる)と感じましたね。


                ただ、プラグではバイトが浅く掛かってもバレる事が多く、巻くスピードなのか?レンジの問題なのか?喰ってる餌の問題なのかが明確に解らないまま終了したのは残念でした。


                次回の釣行ではその辺りを探って行けるように頑張りたいな…とは思いますね(´Д` )。







                2018.08.14 Tuesday

                まだまだ頑張ってます。

                0

                  毎日暑いですなぁ〜(ノД`)


                  全然雨降らないし、人間も魚もそりゃバテますわな…(ノД`)。


                  でもね…タイミングだけ掴んで釣りしたら釣れるもんなんです。








                  潮の流れを考えて上手く狙うことが出来れば、表層で喰ってきます。

                  (ベイトが流されて来たのに合わせて浮いてきてる感じです)


                  高松の花火大会が昨日あったので、暫くは釣れない日々が続くとは思いますが、再度シャローに入ってきたら狙ってみようと思います。









                  夏メバル…意外と美味しいらしいです(ノД`)笑

                  (釣具屋談です)

                  Calendar
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  3031     
                  << August 2020 >>
                  必ず、ポチッとな
                  にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
                  にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
                  にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
                  にほんブログ村
                  タイドグラフ
                  Selected Entries
                  Categories
                  Archives
                  Recent Comment
                  Recommend
                  LINE SYSTEM(ラインシステム) ライン 鯵ING PET 0.4号 L4704A
                  LINE SYSTEM(ラインシステム) ライン 鯵ING PET 0.4号 L4704A (JUGEMレビュー »)

                  今季から導入した「PETライン」。

                  今の所、使っていても全く「不満がありません」( *´艸`)。
                  値段もお手ごろなのでリピ買いしてます(爆)

                  今の季節なら0.4号以上がおススメですね。
                  Recommend
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM