2020.01.24 Friday

雨上がりのメバリングは良き事なり(´・ω・`)

0

     

     

    ハイハイ(^^)/!!

     

     

    オジサン来たよ〜〜〜〜って!!!

     

     

     

     

    「軽い認知症かな??」と最近思うオジサン来たよ〜〜〜〜って!!!(´Д⊂ヽ

     

     

     

     

     

    いや〜昨日雨上がりのいつもの所に行ってきました。

     

     

     

     

    2時間ほどの短時間釣行でしたが、たのしかったなぁ・・・・・・

     

     

     

     

     

    結構流れが効いてて釣りにくいかな?と思ったのですが、メバルからの反応はすこぶる良くて1投目からバイトがある状況。

     

     

     

     

     

     

    キチンと潮位と潮流れを確認して、魚の居場所を推測すれば・・・・・

     

     

     

     

     

    (この子は23センチ)

     

     

     

     

    簡単に口を使ってくれる。

     

     

     

     

     

    ただ、ショートバイトが頻繁に来るが「フッキングに持ち込めない=魚が掛からない」ってのは次の課題にはなるかな?・・・と思ってます。

     

     

     

     

     

     

     

    ワームサイズ・フックのシャンクの長さとゲイブ幅・その両方のバランスが理由だと思うのですが、ワームサイズに対してフックサイズを大きくするとワームの動きを ”妨げてしてしまう” という懸念もあるので、そのあたりを煮詰めて検証する必要があるな・・・と考えました。

    (あと、魚の口に掛かるがバレるってのは「しっかりフックが口を貫通してないな」とも思いました。

     

     

     

     

     

     

    タイミングさえ合えばプラグにも反応してくれそうな場面もあったので、次回からはプラグも使ってみたいと思います。

     

     

     

     

     

    お腹が大きくなってきてる個体も見え始めました・・・・・・

    産卵が近くなってるね・・・・・

     

     

     

     

     

     

     

    (ようやく24cmを釣り上げる事が出来ました)

     

     

     

     

     

     

    久しぶりのチーバス・・・(@_@)・・・最初のアタリはデカメバかと思ったよ・・・😢

     

     

     

     

     

     

    2020.01.21 Tuesday

    爆風での釣りは「足首が冷える」( ;∀;)

    0

      いや〜(-。-)y-゜゜゜。

       

       

      昨日逝って来ましたわ・・・・・。

       

       

       

      激寒強風下の中・・・・・・

       

       

       

      案の定だ〜れも居なくてね・・・・・・・

       

       

       

      それでもオジサンはやるんですよ・・・・・

       

       

       

       

      チーバスが釣れたり・・・・・・

       

       

       

       

       

      アジが釣れたり・・・・・・・

       

       

       

       

       

       

       

      メバ〜ルが釣れたり( ^ω^)・・・

       

       

       

       

       

      この強風の中でも魚は普通に釣れるのです。

       

       

       

       

      辛いのは「人間の方」だけで、水の中は影響なんてないんです。

       

       

       

      最終的には風速7mの爆風になり、「ラインは持ってかれるわ・ロッドは煽られるわ・アタリは取れないわ」で強制終了・・・・・😢

       

       

       

       

       

      こんな中でも魚に対してのアプローチは2gは全くアタリが無く、1.5gでしか喰って来ない・・・・

       

       

       

       

       

       

      (キャストしてもアタリが分からずワームだけがズレてかえってくるの・・・・( ;∀;)・・・)

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      こんな中でも釣りすると・・・面白いよ・・・・・・(-。-)y-゜゜゜。

       

       

       

       

       

       

       

       

      凄いショートバイトの「理由」はこれ。

      活性の問題か、喰ってる餌の問題だと考えます。

       

       

       

       

      2020.01.14 Tuesday

      大潮・満月にメバルを狙う

      0


        先に結果から書いておきます。



        幸運にもメバル・カサゴ大小問わず30匹近くを釣り上げることが出来ました。



        沢山の方が釣りに来られてたのですが、最終的にには私一人が釣りを続ける状態…「釣れない・釣りにくい」状況であったのだと思います。



        潮の流れ方が複雑化する大潮だからこそ、緩む場所を的確に見つける・・・。



        緩んだ潮流れの中でリグを同調させながらゆっくりリーリングしたり、巻かずに流したり…




        少しでもメバルの居る位置からリグがレンジが下がってしまうとカサゴが喰ってくる。




        キチンとレンジを意識してやると答えてくれる…それがメバルだと思うのです。



        レンジから外れるとこんな子メバルも喰ってくる。



        「自分がメバルならどの位置でどの様に餌を捕食するのか?」


        それをとにかく考える事。



        それが一番に「魚に近づく答え」だと思うのです。





        今回の釣りで22.5センチ一匹・23センチ二匹が最大でした。



        2019.03.18 Monday

        努力と積み重ね

        0

          昨日久しぶりに行ってきました。


          2時間程の調査ですが、釣れるパターンと釣れ方は相変わらずでしたね。




          フックサイズを#10から #8に変更して試したのだけど、掛かり方にやはり差が出るのよ。



          フックサイズが大きくなるだけで、皮一枚で上がってくる物が多くなるの…これは多分「吸い込み方によるもの」か「食べてる物の大きさ」の問題でこうなってるんだろうね。




          あと、「リーダー組むのが面倒なので、フロロ0.5号に変えようと思います」と言うおはなしがあったのだけど、個人的見解としては「フロロ0.8号以上(2.5lb・3lb以上)であればリーダーは組む必要が無いかもしれないけど、それ以下の号数&ポンド数であればショートリーダーを組むべき」だと考えてます。




          0.5号・0.6号のフロロで10〜15センチのメバルを釣りまくった後のジグヘッド結び目付近を触ってみなさい…殆どが「ザラザラになってる」から…。



          その後に例えば僕の釣った26.5センチのメバル釣ってごらんなさい…高い確率で「ラインが切れる」から…。



          私は後悔するくらいなら、最初から「後悔しない努力」はするべきだと考えます。


          大きな個体を釣った後は出来る限り「リーダーの組み直し」もやりますし、チェックも欠かさずやります。


          小さな努力を積み重ねるからこそ「少しでも大きな魚を捕ることが出来る」と私は考えてます。





          2019.02.19 Tuesday

          久しぶりですわ(´Д` )

          0

            一か月以上ぶりかな…


            久しぶりに釣りしてきました。


            相変わらずの「アミパターン」は健在だけど、少しづつプラグにも反応してきている(浮いてる個体がいる)と感じましたね。


            ただ、プラグではバイトが浅く掛かってもバレる事が多く、巻くスピードなのか?レンジの問題なのか?喰ってる餌の問題なのかが明確に解らないまま終了したのは残念でした。


            次回の釣行ではその辺りを探って行けるように頑張りたいな…とは思いますね(´Д` )。







            2018.08.14 Tuesday

            まだまだ頑張ってます。

            0

              毎日暑いですなぁ〜(ノД`)


              全然雨降らないし、人間も魚もそりゃバテますわな…(ノД`)。


              でもね…タイミングだけ掴んで釣りしたら釣れるもんなんです。








              潮の流れを考えて上手く狙うことが出来れば、表層で喰ってきます。

              (ベイトが流されて来たのに合わせて浮いてきてる感じです)


              高松の花火大会が昨日あったので、暫くは釣れない日々が続くとは思いますが、再度シャローに入ってきたら狙ってみようと思います。









              夏メバル…意外と美味しいらしいです(ノД`)笑

              (釣具屋談です)

              2018.06.20 Wednesday

              「釣れない梅雨メバルをプラグで狙う為に」

              0

                先日私の仲の良い釣り仲間から、こういったメールをもらいました。

                 

                 

                 

                 

                「こんばんは。最近釣り行っても、活性が低いのか、ライズが全くなく…。サ○ポ○トも同じですか?😅」

                 

                 

                 

                彼はバス釣りから、ライトソルトに転向した今年2年目?のアングラーなのですが私がプラグの釣りを展開しているのを真似て「プラッギングでの釣り」を頑張っているのです。

                 

                 

                 

                メールでもアドバイスはさせて貰ったのですが、今回は自分自身の釣りの中から「梅雨メバルをプラグで釣るヒント」を書いてみたいと思います。

                 

                 

                 

                 

                5月26日から「満月・大潮がらみのプラグの釣り」がスタートしました。

                 

                 

                 

                 

                私は最近「潮位が大きく上がる」時以外は全くと言って良いほど釣りには行って居ませんでした。

                 

                 

                 

                「潮位が上がらないと、シャローに入ってくるメバルが少なくプラグの釣りが成立しにくい場所である」と言うのが理由なんです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                梅雨メバルを狙う中で、まず一番重要な要素は「雨」

                 

                 

                 

                プラグで釣る要素の中でとても大切な「水の濁り」が必要であるという事です。

                 

                 

                 

                雨が降ると当然川からの水が入ってきます。

                 

                 

                 

                 

                風が吹いても荒れる事で濁りが発生しますが、川からの流入して来た水の中にメバルの餌となるもの「小魚やバチ(ゴカイ)」等が流れてきてそれを捕食する為に「メバルが表層を意識」するのだと私は考えています。

                (この考え方は時期によっても変わります)

                 

                 

                 

                 

                 

                (藻の中でヒットしてきた為に、藻に絡まってリアフックが外れてしまってます)

                 

                 

                 

                 

                後、水が濁る事によって魚の警戒心が薄れる、又は「ルアーを見切られにくくなる」と言うのもプラグで釣る要素の1つです。

                 

                 

                 

                 

                 

                実際に雨の降った直後と、雨が降って2日経った海水の透明度はかなりの差があります。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                (水の濁りのある場合チャート系カラーが良い時がある)

                 

                 

                 

                 

                 

                クリアウォーターではメバルの喰いがかなり落ちてしまうので、その辺りも覚えて良いと思います。(あえて「海水の濁りを探して釣る」というのもアリだと思います)

                 

                 

                 

                次に使うプラグは私は決めてる事がありまして…「40ミリ迄のサイズのプラグ」と決めています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                それは何故なのか?。

                 

                 

                 

                 

                それは「メバルが捕食しているエサのサイズに合わせてるから」です。

                 

                 

                 

                 

                今メバルが捕食している物の大半が「バチ(ゴカイ)」なんです。

                 

                 

                 

                 

                (写真は梅雨に入る前のメバルのストマックから出した物です。今現在はゴカイは約4センチ程度の大きさになってます)

                 

                 

                 

                 

                 

                釣れたメバルのストマック(胃の内容物)を見ても「バチ9割・その他1割」といって良いと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                バチを意識しているのなら「ワームでも良いんじゃないの?」と思われると思います。

                 

                 

                 

                たしかに形状やサイズ的にも合わせやすいのですが、私がワームでは無くプラグで釣る理由の中でとても重要な事があります。

                 

                 

                 

                そう…「ルアーを引くレンジ」です。

                 

                 

                 

                バチや小魚を意識しているメバルという魚はとても「レンジにシビアな魚」です。

                 

                 

                 

                メバルの居るレンジ、メバルが捕食する&捕食したいと思うレンジは10センチ違えば間違いなく「喰ってきません」。

                 

                 

                 

                そのシビアなレンジを「一定のスピード」や「レンジの変化を付けず」に釣りが出来るのはプラグなんです。

                (JH単体を一定のレンジをキープしながら巻く釣り方もありますが、その場合レンジをキープする為のリーリングスピード(リールを巻く速度)やロッド角度がかなりシビアで難しいのです)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                使うプラグに関しては私は一貫して「フローティング・ミノー」を使ってます。

                 

                 

                 

                 

                理由としましては…「根掛かりしてプラグが無くなるのが嫌だから」(ノД`)(爆)

                 

                 

                 

                 

                まぁ、それだけが理由では無いのですが、これも「メバルが捕食している餌に合わせている」というのも理由の一つです。

                (あくまでも個人的主観です)

                 

                 

                 

                先にも話しましたが「バチ」を食べてる場合、メバルは概ね「中層〜上のレンジを意識している」と思ってます。(シャンの個人的見解によるものなので悪しからず)

                 

                 

                 

                 

                だって…バチが泳いでるの見たことあるのはなんせ「中層〜表層迄しか見たこと無いですから…。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                正直、ジグヘッドをフルキャストして幾ら沈めても「ストラクチャー(障害物等)にタイトについてるメバル」しか居ないのですよ。

                 

                 

                 

                 

                 

                その場合概ね小型〜中型(10センチ〜18センチ程度)が喰って来るんです。

                (私の釣りしてるエリアでは…です)

                 

                 

                 

                でも、場所によりけりかも知れませんがシャローエリアでもプラグを藻の奥にキャストしたりストラクチャーのサイドを通せば下からメバルが突き上げて来て普通に喰って来る事が多いのです。

                 

                 

                 

                あとはメバルの居るレンジに合わせて、シャロータイプ・ディープタイプを、選んで使い分かれば良いのです。

                 

                 

                 

                ちなみにシャローエリアで「シャッド系ミノー」を使えば…

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 カサゴも喰って来ます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                タックルに関しても、見直しをしました。

                 

                 

                 

                 

                そのうちの1つ目のタックルですが、当初はシーバスが喰ってくるという事もあり「強めのタックルでゴリ押し」…という感じでしたが、「軽量プラグを使いキャストもしやすい」という事・そして「プラグでの魚の乗りやすさ」もありロッドは「シマノ ソアレCi4+ S706ULS」、ラインは「よつあみ オードラゴン 0.4号」という組み合わせになりました。

                 

                 

                 

                 

                そしてもう一つのタックルは「シマノ ソアレSS S800LT」、ラインは「ブリーデン フィネスフロロ 0.8号」という組み合わせです。

                 

                 

                この組み合わせも、メバルの乗りを考えてラインをフロロカーボンに設定。

                 

                 

                 

                ロッドはソアレSSの様な「中間モデル」になると全体的にスローテーパーな感じになる為、軽量プラグもキャストしやすく更に魚も乗りやすくなるのです。(同レングスのci4+になると竿自体にハリがあるので軽量プラグが投げにくいと自分自信では感じてしまいました)。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                釣り方に関しては、私自身「トゥイッチ」や「ジャーク」等のアクションがどうも苦手なので…(ノД`)、基本は「ただ巻き」です。

                 

                 

                 

                もし「アクション」と言われる物をするとなれば…「ストップ&ゴー」で良いと考えてます。(あくまでも主観です)

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                藻やストラクチャーに対してギリギリのラインを通すか、もしくは潮の流れに対して「プラグを同調させて巻く」

                 

                 

                 

                本当にこれだけなんですよ。

                 

                 

                 

                 

                難しく考える事も、アクション等も必要無いと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                ただ「巻くだけ」…

                 

                 

                 

                あとはプラグの種類でレンジを変える。

                 

                 

                本当にそれだけです。

                 

                 

                 

                どうでしょうか…(´Д` )?

                 

                ちょっと「自分にも出来るんじゃないかな?」と思えてきましたかね…。

                 

                 

                 

                まずは「試してみる事」

                 

                 

                 

                先ずはそこからです。

                 

                 

                 

                 

                「ジグヘッドにワーム」も確かに楽しい釣りの1つでは有りますが、今の時期の今のタイミングだからこそ「出来る釣り方」もあるんです。

                 

                 

                 

                興味を持たれた方…是非トライしてみてくださいね(^_^)。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                フグもプラグで釣ると楽しいですよ…(´Д` )笑

                 

                 

                にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
                にほんブログ村

                 

                にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
                にほんブログ村

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2018.05.01 Tuesday

                どうなんでしょうか?

                0

                  皆さま、ゴールデンウィークは如何お過ごしでしょうか?


                  私は昨日今日と「普通の定休」でゴールデンウィーク中は仕事でございます…(>人<;)。


                  さて、ゴールデンウイークに入る少し前に調査兼ねて行ってまいりましたが…



                  3日トータルでこの1匹と1バイトのみ…_| ̄|○


                  多分他の方は釣れてると思うのですが、良いタイミングを完全に逃した状態で釣りに行ってるのが原因と「自分に言い訳」してるのですが…(´Д` )。


                  ぶっちゃけ「フロートリグ」でもぶん投げて、沖を狙えば簡単に喰ってくるんだと思うんです。


                  でも私的には「プラグかジグヘッド単体」と言うのがデフォルトなのでやはり「自分のスタイルで釣ってみたい」のですよT^T。


                  前回雨が降った時から極端に釣れなくなってしまってるのですが、それより前は…






                  このサイズぐらいが釣れてきてました。



                  雨からの水温低下、その後の満月の影響…さまざまな条件が重なっての「釣れなさっぷり」なのでしょうが、西讃や東讃では普通に連れてるようでして高松が場所によってはかなり難しい状況のようです。


                  あと、こちらでのアジは調査していますがまだのようです。

                  西讃、東讃ではチラホラ見え出したようですが、高松が1番最後に入ってくるので、ゴールデンウィーク後に調査再開しようと思っています。



                  それまで私の「愉快な仲間達」がきっと調べていてくれているだろう…と思ってますけどね〜(ノД`)(笑)




                  Calendar
                        1
                  2345678
                  9101112131415
                  16171819202122
                  23242526272829
                  << February 2020 >>
                  必ず、ポチッとな
                  にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
                  にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
                  にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
                  にほんブログ村
                  タイドグラフ
                  Selected Entries
                  Categories
                  Archives
                  Recent Comment
                  Recommend
                  LINE SYSTEM(ラインシステム) ライン 鯵ING PET 0.4号 L4704A
                  LINE SYSTEM(ラインシステム) ライン 鯵ING PET 0.4号 L4704A (JUGEMレビュー »)

                  今季から導入した「PETライン」。

                  今の所、使っていても全く「不満がありません」( *´艸`)。
                  値段もお手ごろなのでリピ買いしてます(爆)

                  今の季節なら0.4号以上がおススメですね。
                  Recommend
                  Links
                  Profile
                  Search this site.
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered by
                  30days Album
                  無料ブログ作成サービス JUGEM